著作権 相続/丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

公正証書遺言と遺留分について/著作権 相続

著作権 相続に関する基礎知識記事や事例

著作権 相続に関する記事は一時的に表示しておりません。
著作権 または 相続に関する記事を表示しております。

著作権 または 相続に関する基礎知識記事や事例
  • 公正証書遺言と遺留分について公正証書遺言と遺留分について

    公正証書遺言を残す際に重要になるのが、遺留分という制度です。遺留分とは、相続人が必ず相続できる割合のことです。せっかく争いにならないように遺言を残しているのですから、遺留分についても配慮をして遺...

  • 遺言執行者の権限遺言執行者の権限

    遺言の執行は、遺言者の相続人が行うのが原則ですが、相続人間に意見の相違や利害の対立が生じ、公正な遺言の執行が期待できない場合があります。また、資産の売却や相続に伴う不動産登記など法的な専門知識が...

  • 借金問題借金問題

    借金問題は私たちの生活において非常に暗い影をもたらすものです。借金で苦しんでいる人はどことなく悩みを抱えているような雰囲気が周りの人に伝わってしまうものですし、本人もなかなか前向きに生活すること...

  • 遺言書の効力遺言書の効力

    遺産相続の場面では、だれがどれだけ遺産を相続するかで争いになることがよくあります。そんなときでも、法定相続人には「本来もらえる相続分」の金額が決められています。これを遺留分と言います。この遺留分...

  • 相続・遺言相続・遺言

    最近では相続の問題によって家族間でトラブルが生じるケースが増えています。そのためそういったトラブルを防ぐ為に遺言書を遺す人が増えていますが、作成する際には注意するべき点があります。遺言書の作成方...

  • 相続の順位相続の順位

    親族が亡くなった場合には、財産をどのように相続するかということで議論になることが多くにあります。この際に法律的に有効な遺言があれば、それに従って財産を残された親族に分配することになります。しかし...

  • 死亡退職金は相続財産に含まれるか死亡退職金は相続財産に含まれるか

    ■死亡退職金 死亡退職金とは、労働者が在職中に亡くなった場合に、使用者(会社等)から支払われる金銭のことを指します。被相続人が生前有していた財産ではないため、遺産分割の対象となるのかが問題となり...

  • 公正証書遺言を閲覧するには公正証書遺言を閲覧するには

    公正証書遺言は、作成された公証役場に保管されており、閲覧するためには手続きを踏む必要があります。 ■公正証書遺言検索システム 公正証書遺言の有無が不明な場合には、公正証書遺言検索システムを利用...

  • 遺言書の種類遺言書の種類

    遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類あります。自筆証書遺言は、遺言者が一人で作成するので、費用も手間もかかりません。ただし、専門家にチェックしてもらっていない場合は、法的...

丸茂法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 刑事事件刑事事件

    刑事事件においては、警察が容疑者を逮捕してから検察官が起訴をします...

  • 任意整理できない場合任意整理できない場合

    任意整理は、債務整理の中で比較的簡単な手続きとして知られていますが...

  • 借金の時効借金の時効

    貸金業者から借りた借金の時効は、5年です。時効の起算点は、期限の利...

  • 遺言書の効力遺言書の効力

    遺産相続の場面では、だれがどれだけ遺産を相続するかで争いになること...

  • 任意整理任意整理

    任意整理は、裁判所を通さずに当事者同士が話し合って、借金の総額や毎...

  • 土地売買交渉土地売買交渉

    土地売買の取引では、ほとんどの買い手が価格交渉を行ってきます。よほ...

  • 債務整理債務整理

    債務整理とは、借金を抱えて苦しんでいる場合に、法律の専門家に相談し...

  • 公正証書遺言を閲覧するには公正証書遺言を閲覧...

    公正証書遺言は、作成された公証役場に保管されており、閲覧するために...

  • 労働問題労働問題

    労働問題は、雇用されて働く人たちと切り離して考えることが出来ない深...

公正証書遺言と遺留分について|著作権 相続

ページトップへ