不当解雇の相談/丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)|不当解雇の相談

不当解雇の相談

不当解雇にあった時、まずすべきことは会社に対して解雇理由証明書などの書面による通知を請求することです。書面による通知がないと、後で弁護士などに相談をするときに困ることになるので、必ず請求しておきましょう。その後は、会社に明らかな労働基準法違反があった場合には、労働基準監督署に相談をすることになります。しかし、労働基準監督署は警察と同じで、民事不介入の原則がありますので、明らかな法律違反がない場合には動いてくれません。法律違反があっても、証拠となるものがない限りは動いてくれないこともあります。明らかな労働基準法違反を証明することが難しい場合は、労働組合連合組織に相談することで適切なアドバイスと、支援を行ってくれることがあります。また、もうひとつの手段として、弁護士に依頼をするという方法があります。大半の人は、不当解雇トラブルが起きた会社への復帰は望まないでしょうから、解決金をいくら得るかということに焦点を絞ったほうが良いでしょう。弁護士にも得意分野がありますから、労働問題を専門とする弁護士に依頼をするのが理想です。

丸茂法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 不倫の裁判不倫の裁判

    配偶者のいる人が不貞行為をした場合は不倫という扱いになります。配偶...

  • 任意整理できない場合任意整理できない場合

    任意整理は、債務整理の中で比較的簡単な手続きとして知られていますが...

  • 不動産売買契約不動産売買契約

    土地や建物を持っている人の中には、使用せずに遊ばせている人も少なく...

  • 交通事故交通事故

    交通事故で弁護士に相談する場合、本人又は家族の任意保険に「弁護士費...

  • 痴漢で逮捕される確率はどのくらいか痴漢で逮捕される確...

    痴漢は公共の場で臀部や胸などを触る行為を指し、電車やバスの車内での...

  • 不動産トラブル不動産トラブル

    不動産というのは高額であるということもあって、一般の人にとっては、...

  • 不当解雇の相談不当解雇の相談

    不当解雇にあった時、まずすべきことは会社に対して解雇理由証明書など...

  • 個人再生個人再生

    個人再生とは、債務整理の一種で、借金の減額を目的とした手続きです。...

  • 死亡退職金は相続財産に含まれるか死亡退職金は相続財...

    ■死亡退職金 死亡退職金とは、労働者が在職中に亡くなった場合に、使...

不当解雇の相談|丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

ページトップへ