遺言書の効力/丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)|遺言書の効力

遺言書の効力

遺産相続の場面では、だれがどれだけ遺産を相続するかで争いになることがよくあります。そんなときでも、法定相続人には「本来もらえる相続分」の金額が決められています。これを遺留分と言います。この遺留分は遺言書によっても侵害できません。しかし、「1人の相続人に全財産を与える」、「愛人に全財産を与える」など、遺言書では遺留分が考慮されていないことがよくあります。遺言書の効力は強力であり、法定の形式を満たしていれば、原則として遺言の内容通りに遺産が相続されます。しかし、遺留分だけは侵害できないので、権利を持っている相続人は遺留分減殺請求をすることによって一定の金額を取り戻すことができます。遺留分の割合は、「直系尊属は遺産総額の3分の1」「それ以外の相続人は遺産総額の2分の1」となっています。ただし、遺留分減殺請求は相続の開始および遺留分の侵害を知ってから1年、もしくは相続の開始を知らなくても10年が経過することで時効により消滅します。

丸茂法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 不動産トラブル不動産トラブル

    不動産というのは高額であるということもあって、一般の人にとっては、...

  • 遺言書の効力遺言書の効力

    遺産相続の場面では、だれがどれだけ遺産を相続するかで争いになること...

  • 痴漢で後日逮捕されるケースとは痴漢で後日逮捕され...

    痴漢とは、電車やバスの車内など公共の場で臀部や胸などを触る行為のこ...

  • 公正証書遺言を閲覧するには公正証書遺言を閲覧...

    公正証書遺言は、作成された公証役場に保管されており、閲覧するために...

  • サラ金の時効サラ金の時効

    借金をした相手が個人ならば10年、金融機関ならば5年で時効にかかり...

  • 相続の順位相続の順位

    親族が亡くなった場合には、財産をどのように相続するかということで議...

  • 債務整理債務整理

    債務整理とは、借金を抱えて苦しんでいる場合に、法律の専門家に相談し...

  • 任意整理任意整理

    任意整理は、裁判所を通さずに当事者同士が話し合って、借金の総額や毎...

  • 死亡退職金は相続財産に含まれるか死亡退職金は相続財...

    ■死亡退職金 死亡退職金とは、労働者が在職中に亡くなった場合に、使...

遺言書の効力|丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

ページトップへ