パワハラ対策/丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)|パワハラ対策

パワハラ対策

パワハラは、パワーハラスメントの略ですが、これを直接的に処罰する法律はありません。したがってパワハラに関する法律的な明確な定義も存在しませんが、一般的には民法の「不法行為」や刑法の「名誉毀損罪、脅迫罪など」にあたり、上司が職務上の権限を濫用して嫌がらせを行うことを指します。会社には安全配慮義務、職場環境配慮義務がありますから、パワハラに対して適切な対応をとらなかった場合、損害賠償などを請求されることがあります。パワハラを行った社員に対しては、懲戒処分を検討すべきですが、ただちに懲戒解雇を行うことは適切ではありません。不当解雇だとして訴えられる可能性があり、裁判所からはパワハラを防ぐ措置を怠っていたと判断されてしまうからです。まずは出勤停止等の軽い処分をしたり、人事異動を行うという手もあります。パワハラ対策を間違えると、パワハラ被害を受けた社員とパワハラを行って処分を受けた社員の両方から争いを提起される恐れがありますので、労働諸法に詳しい弁護士に相談することがお勧めです。

丸茂法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 離婚調停の流れ離婚調停の流れ

    離婚に向けて相手と話し合いを続けても折り合いがつかない場合、「離婚...

  • 残業代請求残業代請求

    企業で働いている人の中には、遅くまで仕事をしているのにその分の手当...

  • 労働問題労働問題

    労働問題は、雇用されて働く人たちと切り離して考えることが出来ない深...

  • 遺言書の種類遺言書の種類

    遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類ありま...

  • 不動産売買のトラブル不動産売買のトラブル

    不動産売買は多額のお金が動くと同時に、関連する法律が煩雑で分かりづ...

  • 土地売買交渉土地売買交渉

    土地売買の取引では、ほとんどの買い手が価格交渉を行ってきます。よほ...

  • サラ金の時効サラ金の時効

    借金をした相手が個人ならば10年、金融機関ならば5年で時効にかかり...

  • 借金問題借金問題

    借金問題は私たちの生活において非常に暗い影をもたらすものです。借金...

  • 任意整理任意整理

    任意整理は、裁判所を通さずに当事者同士が話し合って、借金の総額や毎...

パワハラ対策|丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

ページトップへ