刑事事件/丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)|刑事事件

刑事事件

刑事事件においては、警察が容疑者を逮捕してから検察官が起訴をします。起訴した後の裁判においては、証拠を提示して、有罪になるように検察官が論理を展開していきます。これに対して、弁護士は被告人の量刑が不当に重くならないように論理を展開します。罪を認めているのであれば、情状酌量により執行猶予付きの判決が出るように務めるのが弁護士の役割です。また、被告人が無罪を主張している場合においては、弁護士は無罪の証拠を提示します。罪状の軽い刑事事件においては、保釈を獲得できるようにすることも、弁護士の大切な役割のうちの1つです。勾留された状態で刑事裁判を継続するのと、保釈された状態で続けるのとでは大きな差があるためです。そして、なるべく早い段階で弁護士に依頼することが望ましいとされています。刑事裁判においては国選弁護人制度がありますが、私選弁護人の方が刑事裁判を有利に進められるケースが多いとされています。

丸茂法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 借金の回収を弁護士に依頼するメリット借金の回収を弁護士...

    「友人にお金を貸したけれども、帰ってこない…」「取引相手が債権を支...

  • 不動産トラブル不動産トラブル

    不動産というのは高額であるということもあって、一般の人にとっては、...

  • 死亡退職金は相続財産に含まれるか死亡退職金は相続財...

    ■死亡退職金 死亡退職金とは、労働者が在職中に亡くなった場合に、使...

  • 刑事事件刑事事件

    刑事事件においては、警察が容疑者を逮捕してから検察官が起訴をします...

  • 相続・遺言相続・遺言

    最近では相続の問題によって家族間でトラブルが生じるケースが増えてい...

  • 不当解雇の相談不当解雇の相談

    不当解雇にあった時、まずすべきことは会社に対して解雇理由証明書など...

  • 遺言執行者の権限遺言執行者の権限

    遺言の執行は、遺言者の相続人が行うのが原則ですが、相続人間に意見の...

  • 賃金不払い賃金不払い

    不払い賃金の請求の時効は、2年間です。(※退職金の場合は5年間)つ...

  • 土地売買のトラブル土地売買のトラブル

    土地売買は非常に高額な金銭のやり取りが発生しますので、細心の注意を...

刑事事件|丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

ページトップへ