離婚後の親権が父親になるケース/丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)|離婚後の親権が父親になるケース

離婚後の親権が父親になるケース

よく「一般的に、父親は親権を獲得することが難しい」ということを聞きますが、調停の際にも、調停委員は母親に獲得させる方向で調整していくことが多く、調停において親権を獲得するのは8~9割が母親と言われています。調停委員は、子供が幼ければ幼いほど「子供には母親が必要である」と考える傾向が強いため、どうしても父親が獲得するのが不利になります。しかし、不利になるといってもまったく親権を獲得出来ないということではなく、「別居後すぐに子供を養育し、子供を養育する環境を整える」など、調停委員に「父親の方が子供の面倒を見るのがベストである」と思わせることが出来た場合、親権を獲得することが可能になります。そして夫婦が既に別居しているという場合で、「夫と子供が一緒に暮らしている」という場合は、離婚後も比較的父親が親権を獲得出来る可能性が高くなりますので、弁護士にしっかりと相談してから、調停をすることをお勧めします。

丸茂法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 任意整理できない場合任意整理できない場合

    任意整理は、債務整理の中で比較的簡単な手続きとして知られていますが...

  • 相続の順位相続の順位

    親族が亡くなった場合には、財産をどのように相続するかということで議...

  • 債務整理債務整理

    債務整理とは、借金を抱えて苦しんでいる場合に、法律の専門家に相談し...

  • 不動産売買契約不動産売買契約

    土地や建物を持っている人の中には、使用せずに遊ばせている人も少なく...

  • 賃金不払い賃金不払い

    不払い賃金の請求の時効は、2年間です。(※退職金の場合は5年間)つ...

  • 公正証書遺言と遺留分について公正証書遺言と遺留...

    公正証書遺言を残す際に重要になるのが、遺留分という制度です。遺留分...

  • 公正証書遺言を閲覧するには公正証書遺言を閲覧...

    公正証書遺言は、作成された公証役場に保管されており、閲覧するために...

  • 交通事故交通事故

    交通事故で弁護士に相談する場合、本人又は家族の任意保険に「弁護士費...

  • 残業代の請求残業代の請求

    企業が労働者に残業をさせた場合は、労働基準法の規定により、時間外労...

離婚後の親権が父親になるケース|丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

ページトップへ