公正証書遺言と遺留分について/丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)|公正証書遺言と遺留分について

公正証書遺言と遺留分について

公正証書遺言を残す際に重要になるのが、遺留分という制度です。遺留分とは、相続人が必ず相続できる割合のことです。せっかく争いにならないように遺言を残しているのですから、遺留分についても配慮をして遺言を作成する必要があります。遺留分の権利を有するのは、被相続人の配偶者、子供や孫、父母や祖父母です。兄弟姉妹にはこの権利はありません。また、相続放棄をした人や相続欠格者も遺留分はありません。その割合は、「直系尊属のみが相続人である場合は財産の3分の1」、「その他の場合は財産の2分の1」となっています。例えば、財産が1000万円で、配偶者と子供2人がいる場合には、その2分の1の500万円が遺留分となり、配偶者が250万円、子供2人がそれぞれ125万円ずつを取り戻すことができます。なお、相続の開始を知った日および財産の譲渡を知った日から1年、もしくは相続の開始を知らなくても10年が経過するとこの権利は消滅します。

丸茂法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • 遺言書の効力遺言書の効力

    遺産相続の場面では、だれがどれだけ遺産を相続するかで争いになること...

  • 任意整理任意整理

    任意整理は、裁判所を通さずに当事者同士が話し合って、借金の総額や毎...

  • 不動産売買のトラブル不動産売買のトラブル

    不動産売買は多額のお金が動くと同時に、関連する法律が煩雑で分かりづ...

  • 公正証書遺言を閲覧するには公正証書遺言を閲覧...

    公正証書遺言は、作成された公証役場に保管されており、閲覧するために...

  • 遺言書の種類遺言書の種類

    遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類ありま...

  • 相続・遺言相続・遺言

    最近では相続の問題によって家族間でトラブルが生じるケースが増えてい...

  • 借金の回収を弁護士に依頼するメリット借金の回収を弁護士...

    「友人にお金を貸したけれども、帰ってこない…」「取引相手が債権を支...

  • 借金問題借金問題

    借金問題は私たちの生活において非常に暗い影をもたらすものです。借金...

  • サラ金の時効サラ金の時効

    借金をした相手が個人ならば10年、金融機関ならば5年で時効にかかり...

公正証書遺言と遺留分について|丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

ページトップへ