不動産売買契約/丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)|不動産売買契約

不動産売買契約

土地や建物を持っている人の中には、使用せずに遊ばせている人も少なくありません。そういった場合には、土地や建物にかかる固定資産税だけを負担することになります。そのため、売却した方がいいと判断する人も多いです。そういった場合には、買い手を探してから不動産売買を行うことになります。その際には契約を交わすのが一般的です。不動産売買は非常に高額な取引であるため、きちんとした契約書を残しておかなければなりません。その際には、弁護士や司法書士などの法律の専門家を代理人にするという方法が広く用いられています。そうすることで、不備のない契約を締結することが可能になります。さらに不動産売買をした後には、登記を売主から買主へ移さなければなりません。この作業を行っておくことで、第三者に対して所有権移転が起きたことを知らせる効果があります。この所有権移転登記をする際にも法律の専門家に依頼をするというのが一般的です。

丸茂法律事務所が提供する基礎知識と事例
  • サラ金の時効サラ金の時効

    借金をした相手が個人ならば10年、金融機関ならば5年で時効にかかり...

  • 解雇の条件解雇の条件

    企業には解雇をする自由があります。しかし、解雇を実行する場合には、...

  • 残業代請求残業代請求

    企業で働いている人の中には、遅くまで仕事をしているのにその分の手当...

  • 個人再生個人再生

    個人再生とは、債務整理の一種で、借金の減額を目的とした手続きです。...

  • 遺言書の種類遺言書の種類

    遺言書には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類ありま...

  • 借金の時効借金の時効

    貸金業者から借りた借金の時効は、5年です。時効の起算点は、期限の利...

  • 相続の順位相続の順位

    親族が亡くなった場合には、財産をどのように相続するかということで議...

  • 離婚後の親権が父親になるケース離婚後の親権が父親...

    よく「一般的に、父親は親権を獲得することが難しい」ということを聞き...

  • 借金取り立て借金取り立て

    誰かにお金を貸した時、返済してくれないようであれば、借金取り立てを...

不動産売買契約|丸茂法律事務所(東京、神奈川/千葉、埼玉)

ページトップへ